車

板金塗装や傷やヘコミの修理だけではない|個性を引き出す改造

このエントリーをはてなブックマークに追加

車検が切れた場合の対処法

レディ

定期的に必要となる車検ですが、その期限を過ぎてしまった場合はどのように対処すべきなのかについて見ていきましょう。車検が切れている場合は、公道を走行することはできませんが自宅にそのまま置いておくということに関しては問題ありません。しかし、乗らないという状態でも毎年自動車税が発生してくるので、できる限り利用し続けるほうがよいでしょう。では、車検が切れている状態でどのように整備工場などに運ぶのかという点ですが、それは各市区町村で仮ナンバーを発行してもらうことで公道を走行することができるようになります。発行料金は何百円と安い料金ですが、期限は一週間もないほどであるため車検を通す場所や持ち運ぶ日時が決まってから発行してもらうようにしましょう。平日に時間をあけることができず、仮ナンバーの発行が難しいという場合は、車検を依頼する整備工場の積車などで搬送してもらうこともできます。その搬送料金は工場によって異なり、無料のところもあれば有料のところもあるので依頼前にチェックしておきましょう。
神奈川にある整備工場の車検料はそれぞれ設定している料金に違いがあります。内訳としては、法定費用である重量税、自賠責保険料、印紙代に加え、車検基本料というものがあります。法定費用は法律で決められている料金であるため違いがでることはありませんが、車検基本料はそれぞれの神奈川の整備工場ごとのルールで設定されているのでそこで料金に差が生じているのです。神奈川県内だけでも車検が通せる工場はいくつもあるので一括見積もりサイトなどを利用して料金を比較してみましょう。また、神奈川の各工場ごとの評価が掲載されているところもあるのでそのような情報なども参考に選ぶと良い工場を見つけることができます。